2017 . 05 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930» 2017 . 07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
* スポンサー広告 * page top↑
介護の方針
親の介護の前に、まさかうさぎの介護をするとは。
覚悟を決めたからには、後には引けません。

方針というとおおげさですが、いくつか考えがあります。
前向きに生きて、お互い気持ちよく過ごせる事を望んでいます。
神経質すぎず、大雑把過ぎず、バランスです♪

●ダンナさまと私
 ・ぴぃの事でもそうじゃなくても、ぴぃの前でケンカはしない。
  (お互い短気だから、どうかな~? 笑)

●ぴぃに対して
 ・一日一個でも、何か幸せを見つける。感謝する。喜びを見つける。
 ・楽しい気持ちで接する。
 ・「一緒に生きていこう、歩けなくても、生きていればきっと
   いい事がある」と思えるような介護をする。
 ・目標を設定して、無理せずそれに向かって進む。
  達成できた時は、ぴぃを褒める! 

正直言って、室内飼いの動物の不健康について、私たちの場合、
飼い主の無知と、飼育管理に問題があって、愛うさぎを苦しめて
しまったと思い、それを真摯に受け止めています。

そもそも、動物をペットとして飼うことがエゴとか何とか話し
始めてしまうと、このブログの方向性や私たちのぴぃとの暮らしが
成り立たなくなってしまうので、敢えて触れません。

うまく言えないけど、歩けないなりに。食べれないなりに、
ぴぃのペースで生きていればそれでいいななと、思います。
ヒトだって、生まれた家や親、世界を見渡せば国や地域は選べないです。

同じように、うちの子だって、街角のペットショップで、
ダンナさまが偶然探し当てて見つけた子。
うさぎが欲しくて欲しくて、やっとめぐり合った子。

一目みて、「すいません、この子ください」

全ての始まりです。
スポンサーサイト

テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット

2007 / 05 / 11 ( Fri ) 22:01:08
* 闘病と介護 * trackback(0) * comment(1) * page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。