2017 . 09 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031» 2017 . 11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
* スポンサー広告 * page top↑
★今日のぴーすけさん
救急病院から帰って一夜明けました。
ショックが抜けず、途方に暮れ、絶望しているような一日でした。
脱力し、自分が歩けないという事を理解できていないように見えます。
それでも、キャベツをあげると、喜んで食べていました。



↓今日のぴぃちゃんの様子はこちら
8:57
後ろ足に力が入らず、お尻がつき、スノコだとすれて赤くなっていた。
嫌いなのは分かってるけど、キズを大きくしない為に牧草ベッド。
左脚は普通に立っているが、右脚の関節から内側に入り、足は外側に出ている。
後ろ向きに座らせて見ると、後姿が少し寂しそうにも見える。
「きょとん」として、「これからどうしようかな…」と考えている様。
PA0_0054.jpg

9:14
前向きに座らせると、ずっとケージの外を見つめる。
「出たいなぁ。でも動けないのはどうしてかな?」
いたずら好きのぴぃちゃん。普段ならぴょん!と飛び越える高さでも、
やっぱり動けません。焦っているようにも、困っているようにも見えます。
PA0_0053.jpg

9:15
飛び越えたい気持ちが前面に出ています。
背中を見ると、うんと痩せていて背骨が出ています。
毛が生えていてわかりづらいですが、相当やせ細っています。
「なぜ動けないの?」「私は力を入れているのに」
「ここを出たいの」「動きたい」「起きたい」
そんな風に言っているようにも見えます。

後ろ足に力が入らず立てない状態で、前足を使って体をゆすり、
ケージの緑の縁を越えようとしています。
出たいのに出られない、跳びたいのに跳べない、ジレンマです。
PA0_0052.jpg

11:16
横にしてみました。「私は立てるのに!」とでも言うように
どうもこの姿勢は好きではないようです。
元気な頃はよく、涼しい所を選んでガニマタで寝そべっていたんですが(笑)
やはり、牧草ベッドはお気に召さない様子?
PA0_0051.jpg

11:34
立っています。牧草に違和感がある感じ。
PA0_0050.jpg

11:34
「動けない~。」
PA0_0049.jpg

12:19
前より、うんと小さくなったつぶつぶうんち。
4月下旬からカット牧草に変えて小さくなった時の1/4程度。
心配だけど、うんちをしてくれたし、つぶつぶだし、少し安心。
体力を持ち直してくれるといいな(;´д⊂)
PA0_0048.jpg

17:23
午前中頑張ったせいか、少し元気が無い。スネているようにも見える。
「もう動けないし。食べても仕方ない。にんじんなんていらない。」
そんな事言わず~!とにんじんを口元へ。

元々、牧草が体のそばにあるのが嫌な子で、元気な頃スノコの上に
食事用の牧草を置くと、スノコの隙間に埋めてしまう困った子でした(笑)

そんな様子を見て、寝るとき以外は床に寝せ、古いワイシャツを
丸めてクッションの代わりを作りました。

洗濯したばかりだけど、少しは大好きなダンナさまの香りがするかな?

PA0_0047.jpg

17:23
ため息をついているように見えます。にんじんには見向きもしません。相当ショックだったんだよね。急だったし、傷ついたよね(´Д⊂
PA0_0046.jpg

17:39
「食べないと死んじゃうよ」にんじんをすりおろしてみました。
「これなら食べれそう♪大好きなにんじん、おいしい」
皿を立ててやらないと、体を起こして上からなめるのは難しそうでした。
この頃から、前足も力が入らなくなってきている様子。
PA0_0045.jpg

17:39
一生懸命食べています。「おいしい♪おいしい♪」
PA0_0044.jpg

18:22
食べ疲れた様子。右足はお腹の中に隠れている。徐々に左足も伸びてきた。
とても生き延びそうには見えず、ワイシャツの上に座らせる。
呆然と、頭が真っ白になり、絶望しているようにも見えます。
比較的元気のある時は、アゴを上げてどこかを見つめています。
PA0_0043.jpg

18:27
写真がぶれてます。一応首は動かします。
ぶれてても、ぴぃはぴぃなので貼りました(*^-^*)
PA0_0042.jpg

18:27
瞳に力がないぴぃちゃん。
PA0_0041.jpg

18:35
からだ全体に力が入らないのか、だんだん横に寝るようになりました。
PA0_0040.jpg

18:35
「私は生きたい!」と言ってるようにも見えますが、
当時の私はひたすら悲観し、すぐにいなくなってしまうと思っていました。
PA0_0039.jpg


21:00過ぎ
このまま死んで行くのを見守るのがぴぃの幸せ?
私が食べ物を与える手を止めれば、ぴぃの命も止まります。
そんなのは嫌!これまでに撮った写真を何度も見返しました。

ダメもとで、病院やインターネットの人々の力を借りてみようと、
生きるヒントを求めて書き込みをしてみました。

短時間でたくさんの方からコメントがつき、メッセージを頂き、
私自身も、「闘病と介護」を考える事ができるようになりました。
励ましてくださった方々、病院を教えてくださった方々、
介護について様々な経験談をお寄せいただいた方々、
本当に、本当にありがとうございます!とても感謝しています(*^-^*)


意外とたくさんの人が、病気やうさぎ特有の障害を抱えていて、
障害があっても、前向きにマイペースに、頑張っているうさぎさんを
見て、私もぴぃちゃんに賭けてみることにしました。

次の日の朝、病院に行くと決め、ダンナさまにも話ました。
通院は負担になるかもしれないけど、無責任な介護で放置するのは
ちょっと違うよね。頑張ってみよう、という事になりました。

スポンサーサイト

テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット

2007 / 05 / 07 ( Mon ) 16:55:47
* ★今日のぴーすけさん * trackback(0) * comment(0) * page top↑
<<★今日のぴーすけさん * HOME * 救急病院で一夜を明かす>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

comment
trackback
trackback URL
http://peelop.blog81.fc2.com/tb.php/16-61adcda9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。