2017 . 08 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930» 2017 . 10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
* スポンサー広告 * page top↑
ぴぃ、天に昇る
今日はいよいよぴぃとのお別れ。
これを書いている今、私の隣にはぴぃではなく小さな壺がある。

私たちは、ぴぃとのお別れの方法に火葬を選んだ。
070513_1953~01.jpg

▲写真:主のいなくなったベッド。
左から…
 ・ぴぃの体を優しくあたためた、オイルヒーター
 ・壺になったぴぃを入れてきた袋
 ・ドライフラワーの代わりにぴぃを励ました、一番大きなひまわり
 ・流動食の元になった、ラビットフード
残念な事に、5月の陽気続き。
朝になると、ぴぃからは生き物では無いにおいがする。
悲しいけれどが、現実は受け止めなければならない。
目がほんの少し開いていたぴぃ。閉じようと目に触れると、
瞳の、少し嫌な感触が手に伝わる。

昨日より皮膚は固く、毛も、むしろぬいぐるみよりも冷たい。
妙にリアルなぴぃの体はお腹だけ、なぜかほんのり暖かく、
柔らかかった。(腸内で消化のために住んでいる菌のせい???)

午前中、昨夜遅くにお願いしたお寺さんへ出かけた。
電車と車で30分程度の場所。
冷たくなったぴぃの入ったカゴは、心なしかずっしりと重い。
慎重に運ぶが、生きて苦しそうにしているぴぃではなく、
動かないぴぃが入っているのは、皮肉にも安心感があった。

つらいのに、大嫌いなケージに入っていたぴぃ。
最期もケージでゴメンネ。
抱いてあげるわけにはいかないの。
どうか、許してね。

駅に着くと、係りの方が車で送迎に来てくださった。
車で10分程度の場所だが、少し山に入るため、徒歩は厳しい。

お寺に着くと、動物の慰霊碑があった。
納骨はしないものの、先に逝った動物のみなさんに、
「安らかに眠ってください、ぴぃをよろしくお願いしまし」と手を合わせた。

すぐに呼ばれ、ぴぃを連れて火葬場に行き、ぴぃを横たえた。
係りの方の指示で、月桂樹の葉(多分)ですくった水を口に運ぶ。
お線香をあげ、拝む。
火葬の扉を閉める前、係りの方とぴぃに向かって手を合わせた。
いよいよ、天に昇る時が来たのだ。

ぴぃが天に昇っている間、私はふと、同じ闘病うさぎの
ふじこさんの事を思った。5/7、救急病院から帰った翌日に、
ダメもとで掲示板に書き込みをした私の記事を見てくださった
飼い主さんの、うさぎさん。

ふじこさんは残念な事に、ぴぃの1日前に亡くなってしまった、
ぴぃと同い年のホーランドロップの女の子。
(飼い主さんと私は直接面識が無いものの、病院や治療について
 とても役に立つ情報をいただきました。ありがとうございます
 ちなみに、お住まいも私たちとそこそこ近いようです 笑)

私は彼女に、月の入り口で少しだけ待っててもらうよう、お願いした。
一週間前に突然手足の自由を奪われ、たった一週間で息耐えてしまったぴぃ。
どうか、そんなぴぃのために、一緒に手を引いて連れて行って欲しい、
他のうさぎを見たことの無いぴぃだから、お友達になってくれないかな。
そんな事を考えていた。

30分は経っただろうか。飲み物を買いに立ち上がった彼。
同時に、火葬が終わったと連絡がある。

火葬場へ行ってみると、ぴぃは白い小さな残骸になっていた。
うさぎは、骨が軽く薄いのは知っていたが、頭と歯、後ろ足以外の
骨は本当に小さく、箸で拾うのは厳しい。
用意してあったピンセットで拾うと、もろく崩れてしまった。

小さな壺になったぴぃは、大好きなだんなさまと、家へ帰った。
主(あるじ)のいなくなったベッドに、壺を置いた。
ぴぃのいたケージは、空家になったマンションのように閑散としている。

壺になったぴぃを家に置き、私たちは買い物に出た。
体が重い。特別何かをしたわけではないのに、ひどく疲れ、眠い。
それでも、仕事の準備にと食料品を買い足し、思い出を飾る為の
フォトフレームと、やさしい香りの沈丁花のお香を買って来た。

私たちも、気持ちの整理をしながら、ぴぃのものを
整理していこうと思う。しばらく、廃棄する予定は無い。
もし、また私たちのところにうさぎさんが来てくれたら、ぴぃと
同じように、それ以上にかわいがってあげたい。

一時は絶望し、動物と暮らすのはもう二度とごめんだと思った。
動物と楽しく暮らしている人に、今の私たちの気持ちがわかるか、
尋ねたかった。それだけ悲観し、マイナスの考え方になった私たち。

そんな私たちに、ぴぃは愛情と、時には育児の練習をさせてくれ、
一生懸命生きることの大切さを教えてくれた。
頑張れば、奇跡を起こせることを教えてくれたぴぃ。

こんなに、こんなに優しくて、頑張りやさんのうさぎさん。
ありがとう、ぴぃ。悪い飼い主でごめんなさい。
早く気づいてあげられなくてごめんね。

私もそちらへ行くことがあったら、謝りたいです。
今はどうか、安らかに眠ってください。

ぴぃ、おやすみなさい(*^-^*)
スポンサーサイト

テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット

2007 / 05 / 13 ( Sun ) 20:55:30
* ★今日のぴーすけさん * trackback(0) * comment(1) * page top↑
<<携帯電話でご覧の方へ * HOME * ぴぃ、おやすみなさい>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

comment
**管理人のみ閲覧できます**

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2007/05/14 22:30 * [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://peelop.blog81.fc2.com/tb.php/17-6ed71a94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。